海外FXコラム FXの最大レバレッジは国内25倍・海外3,000倍!実例で解説

FXの最大レバレッジは国内25倍・海外3,000倍!実例で解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

FXのレバレッジとは「てこ」のように少ない力で大きな物を動かせる仕組みのことで、1万円の投資で、レバレッジ10倍なら10万円、100倍なら100万円、1,000倍なら1,000万円のFX取引ができる仕組みのことをいいます。

少ない元手で大きな取引ができるため、わずかな為替変動でも大きな利益を稼げる可能性があります。

国内FX(個人) 海外FX
最大レバレッジ 25倍
25倍以上のレバレッジは禁止されている
3,000倍など
400倍〜3,000倍など
業者によって異なる
証拠金10万円で取引できる通貨※ 2万5,000通貨 300万通貨
レート変動値 損益額
1pips(1銭) 250円 3万円
5pips(5銭) 1,250円 15万円
10pips(10銭) 2,500円 30万円
50pips(50銭) 1万2,500円 150万円
100pips(1円) 2万5,000円 300万円

※通貨ペア:米ドル円、レート:1ドル100円の場合

この記事では、国内FXと海外FXの最大レバレッジの倍率について解説したあと、レバレッジが高い取引のメリット・デメリットを解説していきます。

▼この記事を読んで分かること
  • FXの最大レバレッジは、国内:最大25倍、海外:最大3,000倍とかなり差がある
  • 最大レバレッジが高いと、必要証拠金が少なくて済む
  • 短期間で資金を大きく増やせる可能性が高いのは、ハイレバレッジ取引
  • ハイレバレッジ=危険ではなく、ただ必要証拠金が少なくて済むだけの話
  • むしろ海外FXではどれだけ負けても追証が発生しないため、リスクを抑えられる

「レバレッジ倍率がかなり違う国内FXと海外FX、どちらが危険なの?」「どちらが稼ぎやすいの?」という方にぜひ読んでいただきたいです。

1. 国内FX口座の最大レバレッジは25倍

国内FX口座(個人口座)の最大レバレッジは25倍です。金融庁が25倍に規制した経緯があり、どの国内FX業者も横並びで最大25倍となっています。

国内FX会社 個人口座
最大レバレッジ
外為オンライン 25倍
DMM FX(DMM.com証券 25倍
YJFX!(Yahoo!JAPAN) 25倍
FXネオ(GMOクリック証券) 25倍
FXブロードネット 25倍
SBI FXトレード(SBI証券) 25倍
LINE FX(LINE証券) 25倍

※通貨ペアによっては、レバレッジの上限が25倍よりも低いことがあります。

以前は国内FXも数百倍の水準でレバレッジをかけることができましたが、金融庁が2010年に最大レバレッジを50倍に規制し、翌年の8月にはさらに25倍に規制しました。
さらに2017年には最大レバレッジを10倍まで引き下げる案が検討されていましたが、現時点ではまだ最大レバレッジ25倍のままとなっています。

法人口座の最大レバレッジは?

国内FXでも法人口座の場合は金融庁による規制がなく、25倍以上のレバレッジをかけることができます。

最大レバレッジはFX会社ごと、通貨ペアごとに異なりますが、一番高いものでも最大レバレッジ100倍(ドル円)となっています。

2. 海外FX口座の最大レバレッジは3,000倍

出典:FBS公式サイト

一方で、海外FXには日本のような規制がないため、最大レバレッジは500倍〜1,000倍が主流で、会社によっては最大レバレッジ3,000倍が選べるFX業者もあります。

海外FX業者名 最大レバレッジ
FBS 3,000倍
IS6FX(旧is6com) 1,000倍
GEMFOREX 1,000倍
HotForex 1,000倍
IronFX 1,000倍
MILTON MARKETS 1,000倍
instaforex 1,000倍
XM Trading 888倍
VirtueForex 700倍
BigBoss 555倍
TitanFX 500倍
TRADEVIEW 500倍
LAND-FX 500倍
TradersTrust 500倍
TICKMILL 500倍

日本国内よりもかなり高いレバレッジで取引できることから、海外FX業者をメインにしているトレーダーもいます。

ハイレバレッジで取引できる海外FX業者の情報をもっと知りたい方は、「最大レバレッジが高い海外FXおすすめランキング!35口座を徹底比較」の記事もぜひ御覧ください。

3. 最大レバレッジが高いことによるメリット

最大レバレッジが高いことによるメリットとしては、主に次の3つの点が挙げられます。

3-1. 最大のメリットは必要証拠金が少なくて済むこと

ハイレバレッジの最大のメリットは、低レバレッジ取引に比べて必要証拠金が圧倒的に少なくて済むことです。

必要証拠金とは、ポジションを取るために最低限必要となる信託金のことで、要するに担保のようなものです。計算式は以下です

必要証拠金=売買に必要な金額÷レバレッジ倍率

例えばドル円が100円の時に、1万通貨を売買するための必要証拠金は以下の計算式で計算します。

1万通貨を売買するための必要証拠金=
100円×10,000通貨÷レバレッジ倍率

1万通貨のポジションを取るために必要となる証拠金をレバレッジ倍率ごとにまとめると次のようになります(1ドル100円の場合)。

レバレッジ倍率 1万通貨あたりの必要証拠金
国内
FX
1倍 100万円
10倍 10万円
25倍 4万円
海外
FX
50倍 2万円
100倍 1万円
200倍 5,000円
400倍 2,500円
500倍 2,000円
1,000倍 1,000円
3,000倍 333円

つまり、1万通貨を売買するためにレバレッジ1倍だと100万円の資金が必要なところを、レバレッジ25倍なら4万円で済むことになります。さらに、500倍なら2,000円、3,000倍ならわずか333円しかかかりません。

国内FXなら4万円、海外FXならたった333円~2,500円程度の投資金で100万円ものお金を動かすことができます

3-2. 資金力の少なさをカバーできる

証拠金が少なくて済むということは、資金力の少なさをレバレッジでカバーできるということです。

仮に、FX投資に使える資金が10万円だったとします。10万円を投入して持てる通貨数をレバレッジ倍率ごとに示した表は以下のようになります。

レバレッジ倍率 10万円で持てる通貨数
国内
FX
1倍 1,000通貨
10倍 1万通貨
25倍 2.5万通貨
海外
FX
50倍 5万通貨
100倍 10万通貨
200倍 20万通貨
400倍 40万通貨
500倍 50万通貨
1,000倍 100万通貨
3,000倍 300万通貨

つまり、同じ10万円でもレバレッジの倍率が違うだけで、アクティブな投資ができることが分かります。

3-3. 短期間で資金を大きく増やせる

同じ投資金額でも、レバレッジによって動かせる金額が段違いとなるため、最大レバレッジが高い方が短期間で資金を大きく増やせる可能性があります

例えば国内FXの最大レバレッジ25倍でトレードした場合、運良く1円(100pips)の値幅が取れたとしても利益はわずか2.5万円となります。投資金額の10万円を倍にするためには、最低でも4円(500pips)以上の利幅を抜かなければなりません。

一方、海外FX(最大レバレッジ1,000倍)の場合、10万円で100万通貨ものポジションを持てるため、わずか10銭(10pips)で10万円の利益が出ます。つまり、10銭の値幅が動くだけで資金を2倍にすることができます。仮に1円(100pips)抜いたらなんと100万円の利益が取れることになります。

ハイレバレッジが少ない資金でも稼ぎやすいといわれる理由が、この資金効率の良さにあります。

4. 最大レバレッジが高いと危険?デメリットについて解説

メリットが分かったところで、次は最大レバレッジが高いことによるデメリットについて考えてみましょう。

4-1. ハイレバレッジ=損失も大きくなるは嘘

最大レバレッジが高い取引のメリットを読んで、「リターンが大きい=リスクも大きいのではないか?」と考えている方もいるかもしれません。

確かに少ない急激な相場変動時に大きな損失を被りやすい一面はありますが、しっかりとポジション量を管理し無理にポジションを保有しようとしなければ大損することは避けられます。

実際、レバレッジの倍率は損益の振れ幅の大きさを示しているのではなく、必要証拠金の大きさに過ぎません。レバレッジが大きければ大きいほど、必要証拠金が少なくて済むという単純な話なのです。

例えばドル円が100円の時に1万通貨を買ったと仮定します。レバレッジの倍数ごとの必要証拠金と、1ドル101円になった時の利益を表した表が以下のようになります。

\レバレッジが違っても、損益は同じ!/
レバレッジ 必要証拠金 1ドル101円になったときの損益
1倍 100万円 1万円
25倍 4万円 1万円
100倍 1万円 1万円
500倍 2,000円 1万円
1,000倍 1,000円 1万円
3,000倍 333円 1万円

表を見ると分かる通り、保有しているポジション量が同じならレバレッジが違っても損益や損失の量は変わりません。レバレッジが500倍になったからといって500倍の損失が生まれるわけではないのです。ただレバレッジが高ければ、必要証拠金が少なくて済むというだけのことなのです。

4-2. ポジション量管理ができないと大きな損失を生みやすい

先ほど解説した通り「最大レバレッジが高い=単に必要証拠金が少なくて済む」だけなのに、なぜ「レバレッジが高い=危険」といわれるでしょうか。それは、ポジション量の管理が下手なトレーダーがいるからです。

「3-3. 短期間で資金を大きく増やせる」で解説した通り、ハイレバレッジ取引ではわずかな利幅でも大きな利益を出すことができますが、逆にいうと逆行した場合は大きな損失を出す可能性も孕んでいます

国内FX 海外FX
最大レバレッジ 最大25倍
25倍以上のレバレッジは禁止されている
最大3,000倍
400倍〜3,000倍など
業者によって異なる
証拠金10万円で取引できる通貨※ 2万5,000通貨 300万通貨
レート変動値 損益額
1pips(1銭) 250円 3万円
5pips(5銭) 1,250円 15万円
10pips(10銭) 2,500円 30万円
50pips(50銭) 1万2,500円 150万円
100pips(1円) 2万5,000円 300万円

※通貨ペア:米ドル円、レート:1ドル100円の場合

少し極端な例ですが、通貨ペア米ドル円(1ドル100円)で300万円を最大レバレッジ3,000倍の海外FXに突っ込んで全力トレードしてしまう投資家がいたとします。300万円あれば9,000万通貨のポジションを持つことができますが、たった1pips(1銭)で90万円、10pips(10銭)で900万円の増減が発生します。

つまり、300万円でポジションを全力で持ってしまうと、わずか1pipsの動きで財産の3分の1(90万円)、10pipsの動きで全財産(900万円)が失われてしまうのです。

そうならないためには、投資資金のうち何パーセントまでポジションを持つのかなど明確なルールを自分で決めて、熱くならずにトレードする必要があります。ついカッとしてしまうギャンブラー気質の方は、最大レバレッジが高い海外FXは危険なのでやめておいた方が良いかもしれません。

5. リスクを抑えたい人ほど海外FXがおすすめな理由

ここまでお読みいただいた方には、「最大レバレッジが高い=危険というわけではない」ことを理解いただけたのではないでしょうか。むしろ、少ない資金でも大きく稼げるチャンスがあるのがハイレバレッジの魅力といえます。

さらにいうと、リスクを抑えたい人ほど、高いレバレッジ倍率を選べる海外FXがおすすめといえるのです。

5-1. 海外FXではどれだけ負けても借金が発生しない

海外FX業者には「追証なしのゼロカットシステム」があります。これは、仮にFX口座の残高がマイナスになってしまっても、残高をゼロに戻してくれる仕組みです。マイナス分を補填するための追証(追加補償金)は不要です。

つまり、どれだけ負けても残高以上の損失を負うことはなく、借金が発生することはありません

一方で国内FX会社にはこのゼロカットシステムはないため、マイナス残高が発生した場合はマイナス分を補填しなければなりません。

<例:20万円のマイナス残高が発生した場合>

国内FX 20万円の追証が発生
20万円の支払い義務が生じる
海外FX 支払う必要なし
マイナス残高はゼロにリセットされる

口座に入っている資金以上の損失が発生することはないため、投資リスクを限定しながらトレードすることができます。国内FXでは借金を負う可能性があることを考えると、かなり大きなメリットといえるのではないでしょうか。

5-2. 少ない資金でも一攫千金のチャンスがある

ここまで解説したように、少ない必要証拠金でも稼ぐ力が段違いに違うのがハイレバレッジ取引の魅力です。資金が少なくても大きく稼げるということは、手持ちの全財産のうち、低い割合の金額を投資しても一攫千金を狙えるということです。

実際、レバレッジが25倍に規制される以前に話題となっていた「国内FXで億万長者になったトレーダー」は、規制後に激減しています

現在、国内FXでは最大レバレッジが25倍に制限されているため、億単位で稼ごうとすれば大きな資金力または時間をかけたトレードが必要となります。多くの資金を投入するために全財産のうちの多くをFXに投じてしまうのは危険です。

一方、500倍〜3,000倍などハイレバレッジを選べる海外FXでは、より少ない資金力で短期間で大きな額を稼げる可能性があります。レバレッジが高いほど資金が少なくて済むため、資産ポートフォリオのうちのFXの比率を上げなくても一攫千金を狙うことができるのです。

まとめ

この記事では、FXの最大レバレッジに焦点を当てて、国内と海外それぞれのレバレッジ事情について解説してきました。

レバレッジ最大25倍の国内FX会社を選ぶのか、400~500倍が当たり前(最大3,000倍)の海外FXブローカーを選ぶのかは、トレーダーの投資スタイルに合わせて自由に選べば良いものです。しかし、短期間に効率良く稼げる可能性を秘めているのは、ハイレバレッジを選べる海外FX業者の方です。

国内FXと海外FXの違いについて、より詳しく理解したい方は、「国内fxと海外fxを徹底比較!どっちが向いているかがすぐにわかる」の記事もぜひ参考にしてみてください。

また、最大レバレッジが高い海外FX業者でトレードを始めてみたいという方は、「最大レバレッジが高い海外FXおすすめランキング!35口座を徹底比較」を見て、口座開設するFX業者を選んでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本人利用者No1のXM Trading(XMトレーディング)

おすすめ度 ★★★★★

日本でも認知度も人気度も一番高い海外FX業者です。XMは世界に70万人以上の顧客を持つグローバルな海外 FX業者です。従業員数も180名を超え、日本人スタッフも15名以上在籍しています。
日本語サポートも充実しており、チャットでサポート対応もしてくれます。そういった経緯から現在日本人利用者が最も多い業者で、初心者から上級者まで幅広い層から定評がある会社です。
どこに口座開設をしようかな?と悩んでいる人はまず手始めにXMをおすすめします。

PCでもスマホでも利用可能で、日本語対応もバッチリです。日本人利用者が一番多い事から情報も多く安心して利用できます。


口座開設はこちら

コメント

コメントを残す

*