海外FXコラム タイタンFXの最大レバレッジは500倍!利用される3つの魅力とは

タイタンFXの最大レバレッジは500倍!利用される3つの魅力とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「タイタンFXのレバレッジって高いの?」
「他社と比べてどうなんだろう」

タイタンFXのFX取引における最大レバレッジは500倍です。

タイタンFXには手数料がかからないZeroスタンダード口座と取引に手数料がかかるZeroブレードECN口座の2種類の口座がありますが、いずれの口座もFX取引におけるレバレッジは最大で500倍に設定されています。

FXのレバレッジとは担保となる証拠金の金額を超えて、規模の大きな取引ができる仕組みのことで、例えばレバレッジ100倍なら証拠金の100倍までの取引が可能です。

レバレッジ500倍のタイタンFXであれば、1万円の証拠金で最大500万円までの取引が可能ということになります。

ただし最大500倍というレバレッジはあくまでも通常のFX取引における最大の倍率であり、取引銘柄によっては例外もあるため注意が必要です。

そこで今回は

・タイタンFXのレバレッジを取扱商品ごとに解説
・タイタンFXのレバレッジを他社と比較!500倍は海外FXとしてはやや低め
・レバレッジにかかわらずタイタンFXを利用すべき3つの理由
・タイタンFXを利用するのがおすすめな人
・タイタンFXで口座を開設するならTariTaliの活用がおすすめ
・タイタンFXのレバレッジの確認と変更の方法

について詳しく解説していきます。

この記事を読めばあなたも、タイタンFXのレバレッジについて正しく理解することができます。

1.タイタンFXのレバレッジは最大500倍!取扱商品ごとに解説

冒頭でもお伝えした通りタイタンFXの最大レバレッジは500倍ですが、銘柄によって最大倍率は異なります。

まずはタイタンFXのレバレッジについて、以下の2つのポイントから詳しく確認していきましょう。

では一つずつ解説していきます。

1-1.FXの最大レバレッジ最大500倍

FX取引における最大レバレッジはZeroスタンダード口座、ZeroブレードECN口座、共に最大500倍に設定されています。また、この最大レバレッジは取引する通貨ペアにかかわらず、全て500倍です。

口座タイプ Zeroスタンダード口座 ZeroブレードECN口座
最大レバレッジ 500倍 500倍
特徴 取引に手数料がかからないかわりにZeroブレードECNよりスプレッドが広い 1lot往復の取引で6ドルの手数料がかかる代わりにスプレッドはZeroスタンダード口座よりも狭い

一般的な海外FX業者では、取引手数料のかからないスタンダード口座に対して、取引の際に手数料がかかるECN口座のレバレッジは低く設定されているケースが多くありますが、タイタンFXの場合はいずれの口座も最大500倍と設定されています。

レバレッジは口座ごとに設定することができますが、タイタンFXの場合、口座開設時に「1倍」、「25倍」、「50倍」、「100倍」、「200倍」、「300倍」、「400倍」、「500倍」の8つの選択肢の中から好きな倍率を選択することができます。

レバレッジは500倍がおすすめ

タイタンFXで口座開設を行う際には、最大レバレッジ500倍を選択することをオススメします。

レバレッジが高くなると取引のリスクも増大すると思われがちですが、実際のFX取引におけるリスクはレバレッジではなく取引の規模に比例します。

つまり適正な取引規模を保っていれば、レバレッジが高いからといって取引のリスクが増大するわけではありません

また、高いレバレッジに設定することによって

・証拠金維持率を高く維持することができる
・大きな取引をしたい時にもトレードの規模を拡大する余裕を確保できる

などのメリットも生まれます。

これらの点から考えれば、レバレッジは最大の500倍を選択するべきであると言えるでしょう。

1-2.CFD銘柄のレバレッジは取扱品目によって異なる

タイタンFXではFX取引の他に、エネルギーCFD5銘柄、貴金属CFD11銘柄、株式指数CFD21銘柄、米国株式CFD100銘柄、仮想通貨CFD24銘柄の取引が可能です。

これらのCFD商品の最大レバレッジは取引品目によって異なります

CFD取扱品目 銘柄数 最大レバレッジ倍率
エネルギー 5 500倍
貴金属 11 500倍
株式指数 21 500倍
米国株式 100 20倍
仮想通貨 24 20倍

エネルギー、貴金属、株式指数の最大レバレッジはFXと同様に500倍です。
これに対して米国株式CFDと仮想通貨CFDの最大レバレッジは20倍に設定されています。

また米国株式CFDと仮想通貨CFDは固定レバレッジとなっているため、口座ごとにレバレッジを設定することもできません。

これらの品目を取引する際は必ずレバレッジ20倍でトレードを行うことになります。

次章ではこのタイタンFXのレバレッジを他の海外FX業者との比較で検討していきます。

2.タイタンFXのレバレッジを他社と比較!500倍は海外FXとしてはやや低め

結論から言えばタイタンFXの最大レバレッジ500倍という倍率は、海外FX業者としては必ずしも高い数値ではありません

レバレッジ25倍に制限されている国内FXと比べれば、大変高い倍率であるのは事実ですが、他の海外FX業者と比べた場合、むしろ低い方に分類される倍率であると言えます。

海外FX業者 口座種類 最大レバレッジ
FBS スタンダード口座 3000倍
ECN口座 500倍
GEMFOREX オールインワン口座 1000倍
ノースプレッド口座(ECN口座) 1000倍
XM スタンダード口座 888倍
ZERO口座(ECN口座) 500倍
タイタンFX Zeroスタンダード口座 500倍
ZeroブレードECN口座 500倍

取引に手数料が必要なECN口座の場合500倍という倍率は各社ほぼ変わりません。

これに対して取引手数料が必要ないスタンダード口座の場合、1000倍〜3000倍という驚異的なレバレッジで取引が可能な業者も存在します。

このような業者と比較するとタイタンFXの最大レバレッジ500倍は若干、目劣りします。

この点からも、タイタンFXを利用して取引を行うメリットはレバレッジにはありません

では実際にタイタンFXを利用する多くのトレーダーは、タイタンFXのどのような特徴をメリットと考えているのでしょうか。この点について次章で詳しく見ていきましょう。

3.レバレッジにかかわらずタイタンFXを利用すべき3つの理由

最大500倍という、海外FXとしては凡庸なレバレッジにもかかわらず、多くのトレーダーがタイタンFXを利用するのは、タイタンFXにしかない以下の3つのメリットがあるからです。

ではこれらのメリットについて一つずつ深く掘り下げて解説します。

3-1.スプレッド幅が狭い

まず注目すべきはタイタンFXの業界最狭水準のスプレッドです。

下の表は、3つのメジャー通貨ペア(USDJPY・EURJPY・GBPJPY)のスプレッド幅を、タイタンFXと、大手海外FX業者であるXM、FBSのそれぞれのスタンダード口座で比較した表です。

FX通貨ペア タイタンFX
Zeroスタンダード口座
XM
スタンダード口座
FBS
スタンダード口座
USDJPY 1.3pips 2.0pips 2.0pips
EURJPY 1.6pips 2.7pips 3.0pips
GBPJPY 2.4pips 5.4pips 4.0pips

いずれの通貨ペアでも、タイタンFXのスプレッドは他2社を引き離して圧倒的に狭いことがわかります。

タイタンFXには狭いスプレッドを維持するためZero Point 自動スプレッド最小化システム(ZP-ASM)という独自のシステムを導入しています。

このシステムは取引の際、その時点で利用可能なレートとマーケットを1秒あたり数百万回の頻度で比較し、その取引に最適のリクイディティ・プロバイダ(決済先)を見つけ出すことができます。

これによって常に取引時点での最小のスプレッドを提供することができるというわけです。

もちろんスプレッドの差は、取引における実際の利益に大きな差を伴って現れます。

例えばUSDJPYで、1lot(10万通貨)を行う場合、0.1pipsの差はおよそ1ドルの損益の差です。

USDJPYの平均スプレッドは、XMは2.0pips、タイタンFXは1.3pipsと、0.7pipsの開きがあります。
このスプレッドで1lot(10万通貨)の取引を行えば、タイタンFXは常にXMよりも1取引あたり7ドル利益が大きくなるということです。

この比較だけでも、タイタンFXのスプレッドの狭さが取引における大きなメリットとなっていることがわかるでしょう。

タイタンFXのスプレッドについては以下のページでより詳しく解説していますのでぜひ参考にしてください。

「タイタンFXのスプレッドは業界最狭!全銘柄の平均スプレッド一覧」

3-2.約定力が強い

タイタンFXのもう一つの注目すべきメリットに、その約定力の強さがあげられます。
タイタンFXは取引環境を重視しサーバーの増強に努めることで、たいへん強い約定力を実現しています。

FX取引における約定力とは取引を成立させる力のことを指し、具体的には

・約定拒否の有無
・スリッページ(注文価格と約定価格に差額が発生)・リクオート(価格の再提示)が起こるかどうか
・注文してから約定までの時間

などによって評価されます。

約定拒否とは文字通り、注文が約定しないことを指します。タイタンFXはサーバー増強により99.8%以上の注文が約定しており、約定拒否は皆無です。

もちろん注文価格と実際の約定価格の間に差が生じるスリッページや、注文価格で約定できず業者から新しい価格を再提示されるリクオートなどが発生することはありません。

約定までの時間については、Zero Point約定スピード最適化機能(ZP-OEO)という独自のシステムを採用することによってほぼ全ての取引が数ミリ秒以内に完了します。

約定力が強ければ、取引で利益を上げやすくなり、さらに損失が生じる際はその損失をより小さくする効果があります。

約定力を売りにする海外FX業者はあまり多くありませんが、取引において利益を最大化・損失を最小化する上ではたいへん重要なポイントであり、トレーダーからの評価の高さも頷けます。

3-3.レバレッジ制限がない

タイタンFXのもう一つ忘れてはいけない特筆すべきポイントはレバレッジ制限がないことです。

レバレッジ制限とは、トレーダーが持つ証拠金の規模に応じてレバレッジの上限が低く抑えられる制度のことで、この制度はほとんどの海外FX業者に導入されています。

主な海外FX業者のレバレッジ制限
XM 最大レバレッジ888倍 口座残高200万円以上でレバレッジ最大200倍に制限
口座残高1000万円以上でレバレッジ最大100倍に制限
AXIORY 最大レバレッジ400倍 口座残高1000万円以上でレバレッジ最大300倍に制限
口座残高2000万円以上でレバレッジ最大200倍に制限
FBS 最大レバレッジ3000倍 口座残高300万円以上でレバレッジ最大500倍に制限
口座残高1500万円以上でレバレッジ最大100倍に制限

例えば、XMでは最大レバレッジ888倍という高い倍率が設定されていますが、口座残高が200万円を超えると、レバレッジは200倍以下に制限されてしまいます。

こうなってしまっては、せっかく高いレバレッジを利用するためにXMを選んでも、意味がありません。

このようにレバレッジ制限のある海外FX業者では、高いレバレッジが利用できると宣伝されていたとしても、ある程度の規模を超えた資金を持つトレーダーに対しては、低いレバレッジでの取引しかできないという状況になってしまうわけです。

これに対してタイタンFXには口座残高によるレバレッジ制限は一切設定されていません

取引規模にかかわらずレバレッジ500倍のトレードができるタイタンFXは、特に一定以上の規模でハイリスク・ハイリターンな取引を行いたいトレーダーには最適な海外FX業者であると言えるでしょう。

4.タイタンFXを利用するのがおすすめな人

もちろんタイタンFXに大きなメリットがあるからといって、全てのトレーダーに向いているというわけではありません。特にタイタンFXをオススメできるのは以下の3つのタイプです。

一つずつ確認していきます。

4-1.【タイタンFXが向いている人①】着実に利益を積み重ねたい人

タイタンFXは、コツコツと小さい利益を積み上げて着実に儲けるトレーダーに向いています。

これまでみてきた通り、タイタンFXのレバレッジ500倍と海外FX業者としては決して高くはありません。ハイリターンの取引で一攫千金を狙う投資スタイルのトレーダーは、もっとレバレッジの高い業者を選ぶべきでしょう。

この意味でもタイタンFXの強みはレバレッジにはありません

タイタンFXの都度の取引における強みは前章でも確認してきた通り、

・業界最小水準のスプレッドによってわずかな値動きでも利益を出しやすい
・高い約定力で決済のスピードが早く、効率的なトレードができる

というポイントにあります。

そしてこの特徴は、一攫千金を狙う投資スタイルとは反対の、少額の利益を着実に積み重ねながら堅実に儲けるトレードスタイルには最適です。

サーバーやハブを増強し常に取引環境の整備に注力するタイタンFXでは、取引に遅延がほとんどないため、ストレスなくトレードを繰り返すことができる点も、大きなメリットであると言えるでしょう。

4-2.【タイタンFXが向いている人②】高額の資産を運用したい人

レバレッジ制限がかからないタイタンFXは、高額の資産運用を行う場合にたいへん大きなメリットがあります。

3-3.レバレッジ制限がないでもお伝えした通り、ほとんどの海外FXでは一定以上の証拠金をもつトレーダーに対して、レバレッジの上限を通常より低く制限するレバレッジ制限が行われますが、タイタンFXにはこの制限がありません。

レバレッジ制限の度合いは業者によって異なりますが、早ければ口座残高が200万円程度から制限が適用され、最終的にレバレッジは100倍程度に押さえ込まれるのが一般的です。

これに対してタイタンFXは1000万円でも1億円でも、いくら証拠金を積んでもレバレッジが500倍から変わりません。

タイタンFXの最大レバレッジは500倍と、決して高いレバレッジではありませんが、このレバレッジ制限がないことによって、口座残高が2000万円以上のトレーダーにとってタイタンFXは、もっともレバレッジが高い海外FX業者になります。

このためタイタンFXは、規模の大きなトレードを行いたいというトレーダーに最適の海外FX業者であると言えるでしょう。

4-3.【タイタンFXが向いている人③】スキャルピングで取引をしたい人

タイタンFXの強みを効果的に利用できる取引手法にスキャルピングがあります。

スキャルピングとは短い時間に連続して取引を繰り返し、利益を重ねる取引手法です。数分から数秒という短時間の取引によって、小さい利益を積み重ね、トータルで利益をあげることを目指します。

スキャルピングには

・大きな損失を防ぐことができる
・ハイレバレッジ取引でのリスクが少ない
・為替変動のリスクが低い

などのメリットがあり、FXトレードにおけるリスクを一定に保ち、利益を安定的に確保する上でたいへん有効なトレード手法として多くのトレーダーが行なっています。

そしてこのスキャルピングで利益を上げるために必須の条件となるのがスプレッドの狭さと約定の速さです。

スキャルピングは高速の取引によって薄利の利益を積み重ねる手法であるため、スプレッドの狭い少額の利益を出しやすい環境が重視されます。

また短時間の取引で取引回数を重ねるためには約定が早い取引環境が必須です。

これら二つの特徴を、業界でも最高の水準で実現するタイタンFXなら、スキャルピングを行うトレーダーに最適な取引環境を提供してくれるでしょう。

5.タイタンFXで口座を開設するならTariTaliの活用がおすすめ

タイタンFXにはボーナスがありません

これを補う上で有効なのがキャッシュバックサイトであるTariTaliの活用です。

海外FXにとってボーナスは単なる特典ではありません。海外FXのトレーダーの中には投資資金を効率的に活用するためにボーナスの活用は欠かせないと考える人も少なくはありません。

その意味ではボーナスがないという特徴はタイタンFXのデメリットの一つであることは間違いありません。

これを補う方法として有効なのが、キャッシュバックサイトを利用する方法です。

キャッシュバックサイトとは、外部サイトを経由してタイタンFX業者などの海外FX業者の口座開設や取引を行うことによって、その後の取引で一定のキャッシュバックを受け取ることができるサイトのことを言います。

キャッシュバックサイトは海外FX業者と紹介報酬契約を結び、海外FX業者から報酬を得ています。

そしてその報酬の一部をトレーダーにキャッシュバックとしてトレーダーに還元することで、業者の利用を促しています。

キャッシュバックサイトはたくさんありますが、中でもタイタンFXと合わせて利用する上で一番オススメのキャッシュバックサイトはTariTaliです。

TariTaliの最も大きな特徴は業界最高水準のキャッシュバック率の高さです。

タイタンFXのスタンダード口座でTariTaliを利用した場合、1lot(10万通貨)の取引あたり、なんと4.675USDのキャッシュバックを、都度の取引ごとに、毎回受け取ることができます。

TariTaliは、サイトを経由して口座を新規開設するだけで誰でも簡単に利用することができるため、タイタンFXの利用を考えている方には、合わせての利用を是非オススメします。

以下のページではタイタンFXで利用できるキャッシュバックサイトについて、さらに詳しく解説していますので、ご興味のある方は是非参考にしてください。

タイタンFXキャッシュバックサイト3選!オススメはTariTali

6.タイタンFXのレバレッジの確認と変更の方法

タイタンFXのレバレッジはタイタンFXの会員ページであるダッシュボード画面で確認することができます。またダッシュボード画面からレバレッジの引き下げも可能です。

ただしレバレッジを引き上げたい場合はダッシュボードから変更することはできないため、カスタマーサポートへ直接連絡する必要があります。

最後の章ではこれらの方法について具体的に解説します。

では一つずつ見ていきましょう。

6-1.レバレッジを確認する

まずは自分の口座のレバレッジを確認する方法です。タイタンFXログイン画面から、タイタンFXの会員ページであるクライアントキャビネットを開きます。

画面右の「ダッシュボード」タブを表示すると、利用している口座の情報と合わせて、以下の位置に口座に設定されている現在のレバレッジを確認することができます。

6-2.レバレッジを引き下げる

設定したレバレッジを引き下げたい場合は、クライアントキャビネットの以下の表示をクリックしてください。

以下のようなクライアントキャビネットの口座情報編集画面が表示されたら、レバレッジの表示の右に出ている下向きの表示をクリックします。

このマークをクリックすると、タブが表示され選択できるレバレッジを選ぶことができます。

6-3.レバレッジを引き上げる

タイタンFXのレバレッジは、レバレッジを引き下げたい場合はクライアントキャビネット上から簡単に設定することができますが、レバレッジを引き上げたい場合はカスタマーサポートに直接、メールする必要があります。

レバレッジを引き上げたい場合は氏名(アルファベット)、登録アドレス、取引口座番号、現在のレバレッジ、希望のレバレッジを記入しsupport.jp@titanfx.com 宛に直接連絡しましょう。

問題がなければメールが確認され次第、すぐに希望のレバレッジに引き上げてくれます。

まとめ

今回はタイタンFXのレバレッジについて詳しく解説しました。

タイタンFXのレバレッジは最大500倍です。

タイタンFXには手数料がかからないZeroスタンダード口座と取引に手数料がかかるZeroブレードECN口座の2種類の口座がありますが、いずれの口座もFX取引におけるレバレッジは最大で500倍に設定されています。

ただし、CFD銘柄のうち米国株式CFDと仮想通貨CFDの最大レバレッジは20倍に設定されています。
また米国株式CFDと仮想通貨CFDは固定レバレッジとなっているため、これらの品目を取引する際は必ずレバレッジ20倍でトレードを行うことになります。

タイタンFXの最大レバレッジ500倍は、海外FX業者としては必ずしも高い数値ではありません
海外FXとしては凡庸なレバレッジにもかかわらず、多くのトレーダーがタイタンFXを利用するのは、タイタンFXにしかない以下の3つのメリットがあるからです。

タイタンFXを利用すべき3つの理由

  • スプレッド幅が狭い
  • 約定力が強い
  • レバレッジ制限がない

ページ後半では、これらのメリットと、タイタンFXがオススメな人についても詳しく解説しました。
また、タイタンFXで口座開設を行う場合、キャッシュバックサイトであるTariTaliの活用もオススメです。

この記事が、あなたがタイタンFXで取引を行う際の助けとなることを願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本人利用者No1のXM Trading(XMトレーディング)

おすすめ度 ★★★★★

日本でも認知度も人気度も一番高い海外FX業者です。XMは世界に70万人以上の顧客を持つグローバルな海外 FX業者です。従業員数も180名を超え、日本人スタッフも15名以上在籍しています。
日本語サポートも充実しており、チャットでサポート対応もしてくれます。そういった経緯から現在日本人利用者が最も多い業者で、初心者から上級者まで幅広い層から定評がある会社です。
どこに口座開設をしようかな?と悩んでいる人はまず手始めにXMをおすすめします。

PCでもスマホでも利用可能で、日本語対応もバッチリです。日本人利用者が一番多い事から情報も多く安心して利用できます。


口座開設はこちら

コメントを残す

*