海外FXコラム 決定版】XMにログインできない7つの原因と対処法を画像付きで解説

決定版】XMにログインできない7つの原因と対処法を画像付きで解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「XMにログインできなくなった。どうしよう」

いつも使っていたXMに突然ログインできなくなると、とても焦りますよね。

XMは公式サイトから入る会員ページと、取引プラットフォームから入るリアル口座でログイン方法が異なり、それぞれに適切なIDやパスワードを入力し、正しくログインする必要があります。

正しい手順を踏まえてもログインができない場合、その原因は主に以下の7つです。

ログイン出来ない場合、これらのいずれかが原因によって起こるケースがほとんどです。もちろんそれぞれに対処法がありますので、それに従って正しく対応すれば、すぐにログインする事ができます

それでもログイン出来なかった場合には、XMが用意するサポート窓口に連絡する必要もあります。

XMにログインできない場合、取引や口座に何らかの問題が発生している可能性もあるため、できるだけ迅速な解決が求められます。

そこで今回は、

  • XMの正しいログイン方法
  • XMでログインできない8つの原因とその対処法
  • 問題が解決しない場合のサポートへの3つの連絡方法

について詳しく解説していきます。

この記事を読めば、あなたもすぐXMにログインできるようになりますよ。

1.まずは正しいログイン方法を確認しよう

XMにログイン出来ないという場合、XMの会員ページにログイン出来ない場合と、MT4やMT5などの取引ツールのリアル口座にログイン出来ない場合、2つのケースが考えられます。

まずはそれぞれの正しいログイン方法から解説しますので、自分のケースに当てはまる方のログイン方法をもう一度確認し、適切にログインの手順を踏んでいるかどうかを確かめましょう。

一つずつ確認していきます。

1-1.XMの会員ページにログインする方法

XMの会員ページは、XM公式ページから直接アクセスします。

公式ページを開き、画面上部にある「会員ログイン」をクリックしてください。

以下の画面が表示されたら、口座開設時にXMから付与されたMT4/MT5のIDと、口座開設時に設定したパスワードを入力します。

MT4/MT5のIDがわからない場合は、XMから送られてきた「XMTradingへようこそ – お口座の詳細」という件名のメールを確認してください。

メールを開くと以下の表な表示があり、赤く囲った部分に、MT4/MT5のIDが表示されています。

パスワードは、口座開設時にご自身で設定したパスワードを入力します。パスワードを忘れた場合はパスワードをリセットし、新たに設定し直します。パスワードリセットの手順は「」で詳しく解説していますので参照してください。

ID・パスワードに間違いがなければ「ログイン」をクリックして会員ページにログインします。以下のような画面が表示されれば、正常に会員ページへログインできています。

1-2.XMのリアル口座へログインする方法

次にMT4やMT5の取引プラットフォームを開きリアル口座にログインする方法を解説します。パソコンの場合とスマートフォンでログインする場合は若干表示が異なりますので、それぞれ説明していきます。

①パソコンの場合

まずはMT4、またはMT5のアイコンをダブルクリックしてください。MT4やMT5のインストールが終わっていれば、以下のようなショートカットがデスクトップ上に表示されています。

ショートカットをダブルクリックすると、MT4またはMT5の画面が開き、中央に「取引口座のログイン情報」という小さい画面が表示されます。

ログインID、パスワードを入力します。サーバーの入力欄はプルダウンの中から、XMから割り当てられたサーバーを選んで選択してください。

ここでもしログインIDとサーバーの情報がわからない場合は、XMから送られてきた「XMTradingへようこそ – お口座の詳細」という件名のメールを確認してください。

メールを開くと以下のような表示があり、赤く囲った部分に、MT4/MT5のIDと、割り当てられたサーバー名が表示されています。

パスワードは、口座開設時にご自身で設定したパスワードを入力します。パスワードを忘れた場合はパスワードをリセットし、新たに設定し直します。パスワードリセットの手順は「2-1.ログインIDまたはパスワード・サーバー名を忘れた」の中で詳しく解説していますので参照してください。

「取引口座のログイン情報」画面サーバー情報のプルダウンの中に割り当てられたサーバー名がない場合は「2-2.接続先サーバー名がMT4・MT5の画面で表示されない」に解説する手順でサーバー姪を表示してください。

それぞれに入力が終わったら画面下部に表示されている「ログイン」ボタンをクリックすれば、リアル口座へのログインは完了です。

もしショートカットをクリックして「取引口座のログイン情報」画面が表示されなかった場合は、MT4またはMT5の画面右に表示されているナビゲーターを確認してください。

そこに「口座」という表示を見つけたらそこを右クリックし、「取引口座にログイン」を選択します。これで「取引口座のログイン情報」画面を表示することができます。

②スマートフォンの場合

パソコンと同様に、MT4/MT5のダウンロードが終わっていれば、スマートフォン上にショートカットが表示されているはずです。

このショートカットをタップして、MT4またはMT5を起動してください。次の画面が表示されたら「新規口座」をタップしてください。

次の画面では「既存の口座にログイン」を選択します。

次画面で、割り当てられたサーバーを選択します。

このようにサーバー名が表示されていますので、ここから自分に割り当てられたサーバーをタップして選択してください。割り当てられたサーバーが表示されていない場合は「2-2.接続先サーバー名がMT4・MT5の画面で表示されない」の手順に従って対応してください。

次画面の中央にログインIDとパスワードを入力し、右上に表示されているログインボタンをクリックすれば、リアル口座へのログインは完了です。

ログインIDとサーバーの情報がわからない場合は、XMから送られてきた「XMTradingへようこそ – お口座の詳細」という件名のメールを確認してください。

メールを開くと以下のような表示があり、赤く囲った部分に、MT4/MT5のIDと、割り当てられたサーバー名が表示されています。

パスワードは、口座開設時にご自身で設定したパスワードを入力します。パスワードを忘れた場合はパスワードをリセットし、新たに設定し直します。パスワードリセットの手順は「2-1.ログインIDまたはパスワード・サーバー名を忘れた」で詳しく解説していますので参照してください。

2.XMでログインできない7つの原因とその対処法

1章で確認した手順を行なってもログインできない場合、以下の7つの原因が考えられます。

もちろん、これら一つひとつについてもそれぞれに対処法があります。一つずつ解説していきましょう

2-1.ログインIDまたはパスワード・サーバー名を忘れた

XMにログイン出来ないケースで最も多いのは、ログインID、パスワード、接続するサーバー名称を失念してしまったケースです。

これらはそれぞれ解決方法がありますので、一つずつ確認しましょう。

①パスワードを忘れた場合

XMのパスワードを忘れた場合はパスワードの再定義を行います。

まず公式ページを開き、画面上部にある「会員ログイン」をクリックしてください。

以下の画面が表示されたら、画面下部に表示された「パスワードをお忘れですか?」という表示をクリックします。

以下の画面が表示されたら、空欄にMT4/MT5のIDと、XMに登録のメールアドレスを入力し、「送信」ボタンをクリックします。

送信ボタンをクリックするとすぐに、登録アドレスにXMから「パスワードのリセット依頼」というメールが届きます。メールを開くと以下の表示を確認できます。

メールの表示にある、「こちらをクリック」をクリックしてください。ブラウザ上にパスワードリセットの画面が表示されます。

こちらの画面に新たなパスワードと、もう一度、MT4/MT5のIDを入力し、「送信」ボタンを押してください。

これでパスワードのリセットは完了です。すぐに新しいパスワードを利用してログインができます

②MT4/MT5のIDを忘れた場合

まずは口座開設時にXMから届いた「XMTradingへようこそ – お口座の詳細」という件名のメールを確認してください。

このメールにMT4/MT5のIDが記載されています。下に示すメール本文の赤い枠の中を確認してください。

このメールを見つけ出せない場合は、残念ながらXMに直接問い合わせる以外の方はありません。

ライブチャットを利用するか、support@xmtrading.com宛てに、MT4/MT5のIDを忘れたと連絡し、IDを確認します。

ライブチャットやメールでのお問い合わせ方法については「3.解決できない時はサポートへ連絡しよう!3つの連絡方法を解説」で詳しく解説していますのでご確認ください。

③サーバー名を忘れた場合

サーバー名についてもMT4/MT5のIDと同様、口座開設時にXMから届いた「XMTradingへようこそ – お口座の詳細」から確認することができますが、XMの会員ページ、マイアカウント画面から確認する方法もあります。

まずXMの会員ページにログインします。会員ページへのログイン方法は「1-1.XMの会員ページにログインする方法」で確認していますので参考にしてください。

会員ページが表示されたら、以下に赤い枠で示している下向きの緑の矢印をクリックしてください。

ここをクリックすると、口座の詳細情報が表示されます。

赤く示しているサーバーという項目の右に、サーバー名が表示されています。リアル口座ログイン時にこのサーバー名を選択すれば、正常にログインが完了するはずです。

2-2.接続先サーバー名がMT4・MT5の画面で表示されない

特にパソコンのMT4/MT5のログイン画面では、以下の赤く表示したところからプルダウンを表示し、自分に割り当てられたサーバー名を選択しますが、ここに自分の接続先サーバー名が表示されずログインできないというケースが稀に起こります。

本来であれば、プルダウンを表示すると、自分の使用するサーバー名が表示され、それを選択するかたちになりますが、このトラブルでは、ここに自分のサーバー名が表示されません。

この場合、以下の手順でXMのサーバーリストをスキャンして最新のサーバー情報を取り込見ます。

まず、MT4/MT5を起動し、画面上部の「ファイル」から「デモ口座の申請」をクリックします。

デモ口座の申請画面が表示されますが、こちらの画面から最新のサーバー名をスキャンすることができます。

下の画面が表示されたら画面下部に表示されている「スキャン」をクリックしてください。

するとサーバー名のスキャンが開始され、「スキャン」の表示の右にあるゲージ部分が徐々に緑に変わります。ゲージがいっぱいまで来ればスキャン完了です。

スキャンが完了したら、ここでは「次へ」ではなく「キャンセル」をクリックして画面を閉じてください(「次へ」をクリックしてしまうと、デモ口座のログイン画面にすすんでしまいます)。

「キャンセル」を押しても、スキャンが完了していればリストは最新のものに入れ替わっているはずです。あらためてリアル口座のログイン画面に戻り、正しいサーバー名をプルダウンリストから選択してください。

2-3.口座の有効化が完了していない

初めてリアル口座にログインする場合、口座の有効化が完了していないことが原因によってログインできないケースも度々あります。

口座の有効化とは現住所証明書や身分証明書の画像データをXMに送って本人確認を完了する作業のことです。

XMで口座開設を行う際には、まず個人情報やメールアドレスを登録し、その後に口座の有効化を行うことで初めてリアル口座へのログインが可能になります。

ただ、リアル口座にログインするためのサーバー情報や、MT4/MT5のIDは、この口座の有効化を行う前にメールで知らせが来るため、口座の有効化を行わずにリアル口座にログインしようとしてしまうケースも起こってしまうというわけです。

この場合は、もちろん口座の有効化を完了すれば、すぐにログインが可能になります。

・口座有効化の手順

まずは会員ページにアクセスしてください。MT4/MT5のIDと口座開設時に設定したパスワードを入力し、ログインボタンをクリックします。

口座の有効化が完了していない場合は、会員ページにログインすると以下の表示が現れます。

ここで、「こちらより口座を有効化する」をクリックします。続いてマイナンバーの提出依頼画面が表示されます。

ただしXMは海外の業者であるため、マイナンバーを提出する義務はありません。提出したくない場合は「いいえ」を選択して「送信」ボタンをクリックして先に進んでください。

次画面で本人確認書類のアップロードを行います。

身分証明書、住所確認書それぞれの「参照」ボタンをクリックしてファイルを選択し「書類をアップロードする」をクリックします。

アップロードが完了すると、登録アドレスに「証明書類アップロード完了通知」が届きます。アップロードした書類に問題がなければ24時間以内(土日・休日を除く)に審査が完了します。

審査が完了すると、あらためて登録アドレスに「口座有効化のお知らせ(XMTrading) 」という件名のメールが届きます。これで口座有効化の手続きは完了です。

身分証明書や住所確認書の準備を含めた口座の有効化について、またXMの口座開設全般に関する詳しい情報については、以下のページでより詳しく解説していますので、必要に応じてご確認ください。

「XMの口座開設!取引開始までの5ステップとボーナス獲得手順を解説」

2-4.取引ツールが異なっている

正しいIDやパスワードを入力しているはずなのにログインができない場合は、自分が正しい取引ツールを使用しているかどうかを確認しましょう。

XMでは利用できる取引ツールはMT4(Meta Trader 4)MT5(Meta Trader 5)の2種類ですが、どちらを選ぶかについては口座開設時に選択することになっています。

その後、取引ツールを自分のPCやスマートフォンにインストールしますが、口座開設時に選択した取引ツールと違う取引ツールをインストールしてしまうとログインができません。
登録時の取引ツールは、口座開設時にXMから送られてくるメールに記載されています。まずは口座開設時にXMから届いた「XMTradingへようこそ – お口座の詳細」という件名のメールを確認してください。

メール本文には以下のように、テキスト冒頭に、「お客様のMT4」または「お客様のMT5」のいずれかが表示されています。表示されている取引ツールの方を、正しくインストールしているかどうか確認しましょう。

間違ってインストールできていない場合は、XMの公式ページからあらためて正しい取引ツールをインストールしてください。

取引ツールは公式ページの上部に表示されている「プラットフォーム」からダウンロードできます。

2-5.MT4・MT5のバージョンが古い

XMでは、MT4やMT5のバージョンアップに伴って、古いバージョンが利用できなくなるケースが稀にあります。

この場合は公式ページからもう一度取引プラットフォームのダウンロード・インストールを行えば、すぐにログインできるようになります。

以前はログインできていたのにログインできないという場合は、試してみてください。

2-6.メンテナンス中と表示される

会員ページへログインすると、画面上に「メンテナンス中」と表示されるケースがあります。

XMでは土曜日や日曜日の取引時間外の時間帯に合わせて、しばしば会員ページのメンテナンスを行います。この場合、画面上にメンテナンスの終了時間が出ているはずですので、時間まで待って再度ログインしてください。

2-7.口座が凍結されている

XMでは、残高が0円の状態で90日間、取引が行われなかった場合、口座が凍結されてしまいます。

口座が凍結されている状態で会員ページを表示しようとすると、以下の表な画面が確認できるはずです。

この場合、新たに口座を開設する以外に取引を行う方法はありません。

表示の「口座を開設する」から新規口座の開設を行なってください。

一つの口座が凍結されても、複数の口座を持っている場合、別の口座が凍結されることはありません。また凍結されていない口座を持っている場合は、会員ページから新たに追加口座の開設を行うことも可能です。

もし凍結された口座以外に別の口座を持っていない場合は、残念ながら、あらためてもう一度、個人情報の提供や身分証の提出など、最初から口座開設の申し込みを行う必要があります。

3.解決できない時はサポートへ連絡しよう!3つの連絡方法を解説

これまで会員ページやリアル口座へログインできない7つのケースについて解説してきましたが、万が一この7つのケースに当てはまらない場合、また原因がわからない場合は、XMのサポートへ直接問い合わせを行いましょう。

XMのサポートへの問い合わせは以下の3つの方法があります。

サポートの種類 対応時間帯 返信までにかかる時間
ライブチャット 週5日24時間対応
(日本語対応は9時〜21時)
即時
メール 週5日24時間対応 1営業日
電話 コールバック形式のため対応時間、返信までの時間は不定

一つずつ確認していきましょう。

3-1.ライブチャットで連絡

最も返信が早い方法はライブチャットです。基本的に即時で返信が来るので、急ぎで確認したい場合や、取引に不安がある場合はまずライブチャットで確認しましょう。

日本語対応は平日9時〜21時になりますので、この時間帯であればライブチャットでの質問がベストです。

ライブチャットは公式ページのリンクから始めることができます。公式ページの画面上部にある「日本語ライブチャット」をクリックしてください。

「日本語ライブチャット」をクリックすると、ブラウザの画面右下に以下の表示がでたら「入室する」をクリックしてください。

次の画面では使用する言語を選択します。赤い枠で表示されている下向きの三角の部分をクリックし、プルダウンから「日本語」を選択、その後「チャットを開始する」をクリックしてください。

次画面で、質問したい内容を日本語で書き込んでください。

3-2.メールで連絡

メールでの質問は平日24時間、いつでも受け付けています。もちろん日本語の質問が可能です。

メールでの問い合わせの方法は、以下2種類です。

・問い合わせフォームからメールを送る

・サポートEメールアドレス宛にメールを送る

いずれの方法でも、1営業日以内に返答がきます。それぞれの方法を具体的に確認しましょう。

①問い合わせフォームからメールを送る方法

まずXM会員ページにアクセスし、画面右上に表示されている「サポート」をクリックしてください。

以下の表示が現れたら、部門の選択を行い、賢明と質問内容を記述します。記述が完了したら「リクエスト送信」をクリックしメッセージを送信してください。

②サポートEメールアドレス宛にメールを送る

以下のアドレス宛に、質問メールを送信してください。

XMサポートデスク メールアドレス support@xmtrading.com

またメールを送る際、自分の名前、口座番号、XMに登録したメールアドレスを記載すると、サポートとのやりとりがスムーズになります。

口座番号がわからない場合は、XM会員ページの以下の部分を確認してください。

3-3.電話での対応を依頼

電話対応は、こちらからXMへ直接電話するかたちではなく、メールやライブチャットで電話での対応を依頼し、XMからコールバックをもらう方式となっています。

ライブチャットかメールで電話対応を依頼する際は、必ず電話でのコールバックを依頼することを記載した上で

①質問の内容

②自分の名前・口座番号・XMに登録したメールアドレス

③コールバックする電話番号とコールバック希望の時間帯

を記入して、メッセージを送信してください。コールバック希望時間帯については、〇〇時〜〇〇時と、長めの時間を記載しておくと、早くコールバックがもらえます。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回はXMにログインできない場合の対処法について詳しく解説しました。

冒頭ではまず、正しいXMのログイン方法について解説しました。XMは公式サイトから入る会員ページと、取引プラットフォームから入るリアル口座でログイン方法が異なり、それぞれに適切なIDやパスワードを入力し、正しくログインする必要があります。

正しいログインの手順を踏まえてもログインが出来ない場合、以下の7つの原因が考えられます。

これらの原因には全て対処法があり、適切に対応すれば、すぐにログインができるようになります。ページではそれぞれの対処方法についても詳しく開設しました。

それでもログインができない場合はXMに直接問い合わせを行いましょう。問い合わせは3つの方法があります。

サポートの種類 対応時間帯 返信までにかかる時間
ライブチャット 週5日24時間対応
(日本語対応は9時〜21時)
即時
メール 週5日24時間対応 1営業日
電話 コールバック形式のため対応時間、返信までの時間は不定

XMのサポートは日本人スタッフが常駐しており、日本語対応も充実しています。返答も早く、急にログインできなくなったなどのトラブルにも迅速に対応できる環境が整えられています。

この記事が、あなたがXMにログイン出来ないトラブルを解消するための一助になることを願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本人利用者No1のXM Trading(XMトレーディング)

おすすめ度 ★★★★★

日本でも認知度も人気度も一番高い海外FX業者です。XMは世界に70万人以上の顧客を持つグローバルな海外 FX業者です。従業員数も180名を超え、日本人スタッフも15名以上在籍しています。
日本語サポートも充実しており、チャットでサポート対応もしてくれます。そういった経緯から現在日本人利用者が最も多い業者で、初心者から上級者まで幅広い層から定評がある会社です。
どこに口座開設をしようかな?と悩んでいる人はまず手始めにXMをおすすめします。

PCでもスマホでも利用可能で、日本語対応もバッチリです。日本人利用者が一番多い事から情報も多く安心して利用できます。


口座開設はこちら

コメントを残す

*