海外FXコラム 海外FXで約定力が重要な理由と約定力ランキングTOP5を紹介

海外FXで約定力が重要な理由と約定力ランキングTOP5を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

FXにおける「約定力(やくじょうりょく)」とは、トレーダーが注文したレート通りに注文が成立するかどうかを意味します。

国内FXと比べると約定力が高い傾向がある海外FXにおいては、約定力の高さが利益に直結するため、業者選びにおいて約定力がかなり重要なファクターとなります。約定率を比べてみると、AXIORY:99.99%、XM:99.98%、TitanFX:99.97%など、各社ともかなり高い数字を誇っています。

「そうは言っても、どの業者を選んでもそんなに変わらないんじゃないの?」と思う方もいるかもしれません。しかし、約定力が高い業者がいる一方で、約定力が低い業者がいるのも事実です。つまり、きちんと業者を選ばないと、意図したトレードができず不利益につながってしまう可能性もあるのです。

今回は「なぜ海外FX業者では約定力が重要なのか」を解説した後、実際に約定力が高い海外FX業者TOP5を紹介します。

2021年7月15日に情報を見直し修正しました。
この記事を読むと分かること
  • 約定力が低いと、トレーダーが意図した取引ができず損してしまう可能性がある
  • 約定力は「約定率」「約定スピード」「取引インフラ」で決まる
  • 約定力が重要だが、ただ約定力が高いだけで業者を選ぶのもナンセンスである

さらに「4. 約定力が高いおすすめの海外FX業者ランキングTOP5」では、約定率・約定スピード・取引インフラの3項目ごとに評価したおすすめランキングを5位まで紹介します。

約定率 平均約定スピード 取引インフラ
1位👑
XM Trading

99.98%

0.036秒

ロンドンに設置
2位👑
LAND-FX

98.22%

0.035秒

EQUINIX社
3位👑
AXIORY

99.99%

0.1~0.2秒

EQUINIX社
4位👑
TitanFX

99.97%

0.338秒

EQUINIX社
5位👑
HotForex

99.45%

0.355秒

アムステルダムに設置

「約定力について良く知らなかった…」という方はぜひ最後までじっくりお読みいただき、今日からは海外FX業者の約定力についても意識してみてください。

1. 海外FXにおける「約定力」とは?

冒頭で解説したように、海外FXの業者を選ぶ際に「約定力」はかなり重要な要素となります。まずは「約定力って何?」という方に向けて、基礎知識をしっかり理解していきましょう。

※すでに「約定力」について知識がある方は、「3. 海外FXで約定力が重要となる3つの理由」「4. 約定力が高いおすすめの海外FX業者ランキングTOP5」から先に読んでも問題ありません。

1-1. FXにおける約定力とは

FXにおける「約定力」とは、一言でいうと「注文が成立する力」のことを指します。

約定力が高い 注文通りのレートできちんと成立する
約定力が低い 注文がなかなか成立しない、スリップする

約定力が高いFX業者の方が、トレーダーの希望通りの売買ができる可能性が高くなるため、FX取引を有利に進めることができるのです。

1-2. 海外FXの約定力は国内FXよりも高い

国内FX業者でトレードしていた方はもしかしたら、あまり約定力の高さにこだわったことが無いかもしれません。なぜならば、国内業者は約定力の高さを公式で謳っていることがほとんどないからです。

実は、日本国内の業者の約定力は80%程度と低めで、約定拒否やスリッページが起きる確率も高めです。しかし、海外FX業者の約定力は軒並み90%台後半となっており、公式に約定力の高さをアピールしているところが大半です。

国内業者の約定力 ・約定率は高くても80%程度
・約定拒否率7~9%程度
・スリッページ率18%~20%程度
海外業者の約定力 ・約定率が99.7~99.9%など高い
・約定拒否はほとんどない
・執行スピードも1秒未満など早い

なぜこの差が生まれるかというと、国内FX業者と海外FX業者では、取引の方式に違いがあるからです。

国内FX業者は「DD方式」と呼ばれる方式で、トレーダーとFX業者の間にブローカーが介在して取引を成立させます。そのため、約定率は低めで、執行スピードも遅めとなります。

一方で海外FX業者は「NDD方式」を採用しており、間に入るブローカーの存在がありません。直接トレーダー同士が取引できるため、約定力は高くなるのです。さらに海外FX業者がライバルと約定力の高さを競い合っているため、業者が企業努力で約定力をさらに上げる努力を行った結果、非常に高い約定力が実現されています。

2. 約定力が低い海外FX業者を選ぶと不利益が発生する

ここまで読んで、「約定力が高い方がトレードするうえで有利になりそう」と感じた人も多いのではないでしょうか。それでは、具体的に、約定力が低いと何が良くないのでしょうか。

約定力が低い海外FX業者を選ぶと何がまずいのか、3つのポイントを解説していきます。

2-1. 指定したレートで約定できないことがある

約定力の低いFX業者を選んでしまうと、指定したレートで約定できない可能性があります。

例えば注文が殺到した場面で、約定力が高い業者だと注文が成立したのに、約定力が低い業者だと約定できないということがありえます。特に、雇用統計などの重要な経済指標が発表される場面などで起こりがちです。

約定力が高い業者を選んでおけば約定できて利益を得ることができたのに、約定力が低い業者を選んだばかりにチャンスを逃してしまうこともありえるのです。

2-2. スリッページ(レートのズレ)が発生する

スリッページとは、注文を出した時のレートと実際に約定する時のレートがズレることをいいます。不利な方向にスリッページが起きると想定した利益が減ってしまうため、できればスリッページはゼロが理想です。

約定力が低く約定スピードが遅い業者を選んでしまうと、注文してから成立までに数秒かかり、スリッページが発生してしまう危険性があります。想定通りのトレードができなければ、トレーダーにとって不利益な結果となってしまうため、約定力の高さは重要なのです。

2-3. 短期売買の注文が通らない

短い時間に少額の利益を狙っていくスキャルピングトレードを行う場合にも、約定力が非常に重要となります。なぜならば、約定力が低い業者を選んでしまうと、トレーダーの注文に対してFX業者の処理が追いつかず、短期売買の取引が通らないことがあるからです。

スキャルピングトレードで利益を出したいトレーダーにとっては特に、約定力の高さがとても重要なポイントとなります。しっかりと約定力を見定めて海外FX業者を選ぶようにしましょう。

3. 海外FXの約定力を決める3つのポイント

海外FXでは約定力の高さが重要であることを解説しましたが、それではどのように約定力の高さを見極めていけば良いでしょうか。

約定力の高さを決定づけるポイントには、「約定率(執行率)」「約定スピード」「取引インフラ」の3つがあります。それぞれ解説していきます。

3-1. 約定率(執行率)

約定率(または執行率)とは、トレーダーが出した注文が不成立にならず、きちんと通る(約定する)確率のことです。

例えば100回注文を出して95回注文が約定すれば、約定率(執行率)=95%となります。この場合、5回はトレードが成立せずに終わってしまったことになります。注文を出したのに約定しなければ機会損失となりますので、なるべく約定率の高い業者を選ぶことが大切です。

ただし約定率が高くても約定スピードが遅ければ、相場変動の影響を受けてしまいます。そのため、次に説明する「約定スピード」も合わせて確認することが大切です。

3-2. 約定スピード

約定スピードは、その名の通り、約定が執行されるまでのスピードがどのくらいかということです。例えば「約定スピードが1秒以内」とは、注文してから約定するまでに要する時間が1秒以内ということを意味します。

先ほども説明した通り、いくら約定率が高くても、約定までのスピードが遅ければ、かかった秒数の間に価格レートがズレるスリッページが発生してしまい、トレーダーが意図した価格で約定しない可能性があります。不利な方向にレートがズレてしまうと損失に直結しますので、約定スピードが早い海外FX業者を選ぶことが重要となります。

3-3. 取引インフラ

平常時の「約定率(執行率)」「約定スピード」と合わせて重要視したいのが、サーバーのスペックや設置場所など、取引インフラが整っているかという点です。取引インフラが整っていないと、平常時は良くても、災害や通信障害が起きた時に損害が拡大する恐れがあるからです。

海外FX業者は、どこかの会社のデータセンターにサーバーを置いて運営をしています。そのデータセンターの場所や設備がインフラ的に安心かどうかを見なければなりません。

例えば、EQUINIX(イクイニクス)社のデータセンターは災害や通信障害に強い建物内にサーバーを構えていることで定評があり、同社のデータセンターを利用していれば取引インフラは安心といえるでしょう。

その他、通信の地理的遅延が起きにくいVPS(Virtual Private Surver)を利用しているかや、万が一の時に為替レートをカバーしてくれる金融機関の数や質なども注目したいポイントです。

4. 約定力が高いおすすめの海外FX業者ランキングTOP5

ここからは、3章で解説した「約定率(執行率)」「約定スピード」「取引インフラ」に着目して、当サイトがおすすめできる約定力の高い海外FX業者ランキングをお届けします。

3つのポイントをそれぞれ評価してまとめたランキングTOP5が以下となります。

約定率 平均約定スピード 取引インフラ
1位👑
XM Trading

99.98%

0.036秒

ロンドンに設置
2位👑
LAND-FX

98.22%

0.035秒

EQUINIX社
3位👑
AXIORY

99.99%

0.1~0.2秒

EQUINIX社
4位👑
TitanFX

99.97%

0.338秒

EQUINIX社
5位👑
HotForex

99.45%

0.355秒

アムステルダムに設置

早速、5位までのランキングごとに、海外FX業者の特徴を見ていきましょう。

4-1. 【約定力が高い海外FX業者1位】XMTrading

出典:XM公式サイト

約定率・スピードともにトップクラス!日本で一番人気の海外FX業者

約定率 99.98%
平均約定
スピード
0.036秒
取引インフラ ・データセンターはロンドンに設置
・VPSサーバーを提供

海外FX業者の約定力ランキング1位には、日本人に最も愛されている海外FX業者でもある「XM(XMTrading)」を選びました。約定率99.98%、平均約定スピード0.036秒というスペックはともに、他の海外FX業者と比べてもトップクラスの実力です。

データセンターは多くの金融機関のサーバーが設置されているロンドンに設置しており、地理的遅延が起こりにくい環境といえます。また、定期的にサーバーの処理能力をアップグレードするなどの増強策も講じています。

さらに、日本人トレーダーがXMを利用する場合にはロンドンのサーバーまで距離がありますが、無料のVPSサーバーを提供しているため、地理的遅延の影響を受けにくい環境でFX取引が可能です。

XMを選ぶメリット
  • ◎ 日本人からの信頼がトップクラスで安心して使える
  • ◎ 出金トラブルなどのトラブルの噂がほとんど無い
  • ◎ 約定力が高く安定している
  • ◎ Webサイトは完全日本語対応で日本語サポートもある
  • ◎ 取引ごとにポイントがたまるXMポイントプログラムがお得
XMを選ぶデメリット
  • ✖ スプレッド水準は普通(AXIORYなどと比べると広い)
XM Tradingの情報まとめ
運営会社 Tradexfin Limited(セーシェル共和国)
出金拒否などトラブル 出金拒否や遅延トラブルの噂はなし
顧客資金の補償 ・分別管理(顧客資金は運営資金と別々に管理)
・顧客資金は優良銀行に預託して安全に管理している
取引コスト スプレッド自体はAXIORYなどと比べて広め。ただし、XMポイントプログラム(取引量に応じてポイントが貯まり、ボーナスに換金できる仕組み)があるため、実質スプレッドは狭まる。
最大レバレッジ 最大888倍
ボーナスキャンペーン ・新規口座開設で5,000円ボーナス
・100%(最大500ドルまで)+20%(その後4,500ドルまで)の入金ボーナス
・XMポイントプログラムで取引ごとにボーナスが貯まる
XMTradingの口座開設はこちら

4-2. 【約定力が高い海外FX業者2位】LAND-FX

出典:LAND-FX公式サイト

平均約定スピードは5社のうち最速!信頼のEQUINIXデータセンターを利用!

約定率 98.22%
平均約定
スピード
0.035秒
【5社で最速】
取引インフラ ・EQUINIX社のデータセンターを採用

海外FX業者の約定力ランキング2位に選んだのは、LAND-FXです。XMやTitanFXなどと比べると少し知名度が低いブローカーですが、2020年の「World Forex Award」でベスト取引プラットフォーム賞を受賞した世界的に有名な海外FX業者です。

約定率98.22%、平均約定スピード0.035秒というスペックはともに、一般的な海外FX業者と比べても遜色ない高い水準です。体感スピードもかなり早いと高い評価を得ています。データセンターは信頼の「EQUINIX社」と提携しており、インフラ環境の向上にかなり力を入れている点も評価できます。

LAND-FXを選ぶメリット
  • ◎ 海外FX業者の中でもスプレッドが狭い
  • ◎ 約定スピードがかなり早い
LAND-FXを選ぶデメリット
  • ✖ 公式サイトが日本語対応していない(自動翻訳)ため、情報が取りづらい
  • ✖ 追証なしを受けるために申請が必要
  • ✖ 取引での禁止事項が多い
  • ✖ DD方式ではないかという疑惑がある
LAND-FXの情報まとめ
運営会社 Land Prime Ltd(ニュージーランド)
出金拒否などトラブル 取引での禁止事項が多く、一部で出金拒否の噂もあるため注意が必要
顧客資金の補償 ・分別管理(顧客資金は運営資金と別々に管理)
・信託保全はなし
取引コスト スプレッド・取引手数料の安さは業界トップクラス
最大レバレッジ 最大500倍
ボーナスキャンペーン 入金100%ボーナスなどキャンペーンが充実
LAND-FXの口座開設はこちら

4-3. 【約定力が高い海外FX業者3位】AXIORY

出典:AXIORY公式サイト

約定率は業界トップ!約定スピードなどを全公開している透明度の高い業者!

約定率 99.99%
【5社で最速】
平均約定
スピード
0.1~0.2秒
取引インフラ ・EQUINIX社(東京)のデータセンターを採用
・12のカバー先を用意

海外FX業者の約定力ランキング3位には、AXIORY(アキシオリー)を選びました。AXIORYはかなり情報の透明性が高い海外FX業者で、約定率やスリッページ発生率、約定スピードまで全て公式サイトで公開しています。

特に約定率は驚異の99.99%と、他の業者と比べても最高レベルです。データセンターはEQUINIX社が保有する日本のデータセンターに設置されており、地理的遅延が起きにくい優れた環境にあると言えるでしょう。

AXIORYを選ぶメリット
  • ◎ 信託保全を導入しており、安全性が高い
  • ◎ スプレッドがかなり狭く、約定力も高い
  • ◎ 日本語サポートが高品質
  • ◎ cTrader(取引ツール)が使える
  • ◎ 入金方法が豊富
AXIORYを選ぶデメリット
  • ✖ 口座開設や入金でもらえるボーナスには消極的
AXIORY(アキシオリー)の情報まとめ
運営会社 Axiory Global Ltd.(ベリーズ)
出金拒否などトラブル 出金拒否や遅延トラブルの噂はなし
顧客資金の補償 ・顧客資金は信託保全先である「Doha Bank」の信託口座に委託され、運営資金と区別して管理
・海外FX業者では珍しい「全額信託保全」あり
取引コスト スプレッドは軒並みかなり狭め
最大レバレッジ 最大400倍
ボーナスキャンペーン 常時開催はしておらず不定期開催で、頻度も少なめ。
AXIORYの口座開設はこちら

4-4. 【約定力が高い海外FX業者4位】TitanFX

出典:TitanFX公式サイト

約定率はトップレベル!データセンターはEQUINIXを採用で安心!

約定率 99.97%
【5社で最速】
平均約定
スピード
0.338秒
取引インフラ ・EQUINIX社のニューヨークデータセンターに設置
・カバー先金融機関(LP等)が14と多い

海外FX業者の約定力ランキング4位は、TitanFX(タイタンFX)です。約定率は99.97%と業界トップレベルで、EQUINIX社のニューヨークデータセンターを利用してるとあって、「さくさく約定する!」と評価が高い海外FX業者です。

TitanFXを選ぶメリット
  • ◎ スプレッドが狭く、約定力(スピードや約定率)も高い
  • ◎ 証拠金残高によるレバレッジ制限が無い
  • ◎ 日本語サポートが充実している
  • ◎ ZuluTrade(ズールトレード)で簡単自動売買が可能
  • ◎ リクイディティプロパイダー(LP)が公開されていて安心
TitanFXを選ぶデメリット
  • ✖ 2014年創業で、企業としての歴史は浅め
  • ✖ 保有している金融ライセンス(VFSC)がマイナー
  • ✖ ボーナスキャンペーンが実施されていない
TitanFX(タイタンFX)の情報まとめ
運営会社 TI Securities Limited(バヌアツ共和国)
出金拒否などトラブル 出金拒否や遅延トラブルの噂はなし
顧客資金の補償 オーストラリアの銀行(National Australia Bank)にて、顧客の資産と運営資産を分別管理
取引コスト スプレッドは軒並みかなり狭め
最大レバレッジ 最大500倍
ボーナスキャンペーン ボーナスキャンペーンは実施されていない
TitanFXの口座開設はこちら

4-5. 【約定力が高い海外FX業者5位】HotForex

出典:HotForex公式サイト

約定率・約定スピードともに比較的高水準!ハイレバレッジ取引したいならおすすめ!

約定率 99.45%
平均約定
スピード
0.355秒
取引インフラ ・サーバーはアムステルダムに設置
・無料のVPSを提供

海外FX業者の約定力ランキング5位に選んだのは、HotForex(ホットフォレックス)です。約定率・約定スピード・取引インフラは他の業者と比べて「最高」とまでは言えませんが、全体的に約定力が高めなのは間違いありません。

他のFX業者と並行してサブ利用の口座として開設したい方や、最大レバレッジ1,000倍の恩恵を受けたい方にはおすすめです。

HotForexを選ぶメリット
  • ◎ 最大レバレッジ1,000倍で取引できる
  • ◎ キャンペーンを積極的に開催している
  • ◎ スプレッドが安定しており、スリッページも少ない
  • ◎ 取扱銘柄1,000銘柄以上と、業界トップレベル
HotForexを選ぶデメリット
  • ✖ 口座通貨に日本円を指定できない
  • ✖ 公式サイトやツールの日本語対応が不十分
  • ✖ 取引コストがやや高い
  • ✖ ボーナスはもらえても、クッション機能がないため証拠金として使えない
HotForex(ホットフォレックス)の情報まとめ
運営会社 HF Markets (SV) Ltd(セントビンセント&グレナディン諸島)
出金拒否などトラブル 理由もなく出金拒否・利益没収をしている噂が一部あるため注意
顧客資金の補償 ・顧客資金と業者資金は明確に分別管理
・500万ユーロを上限とする民事賠償保険に加入
取引コスト スプレッドは狭めで安定している
最大レバレッジ 最大1,000倍
ボーナスキャンペーン 多彩なキャンペーン・ボーナスを常時開催している
HotForexの口座開設はこちら

5. 損しないよう約定力の高い海外FX業者を選ぼう

ここまで述べたように、スキャルピングトレードなどをする上で、約定力の高さはとても重要な要素となります。

幸いなことに海外FX業者は、約定率の高さや約定スピードの早さを強みにしてトレーダーに選んでもらえるよう、各社ともインフラを整えて環境を整備しています。海外FXの高いレバレッジを利用して少額のレート差で稼いでいきたいならば、約定力が高いFX業者を選ぶようにしましょう。

ただし、もちろん「約定力が高いだけ」で海外FX業者を選ぶのはナンセンスです。約定力が高くても、スプレッドや取引手数料が高ければその分コストがかかってしまうからです。

約定力以外に、海外FX業者選びで重視したいポイント
  • スプレッドの低さや取引コストの安さ
  • 出金拒否が無いなど、安全性の高さ
  • 分別管理や信託保全などで顧客資金が守られるかどうか
  • 最大レバレッジの高さ
  • 取引禁止事項が多いか少ないか

海外FXにおいて自分が重視したいどこか判断した上で、自分に一番合う海外FX業者を選んでいくようにしましょう。

➡目的別に海外FX業者を選びたい方は「おすすめ海外FX業者の比較ランキングTOP10!目的別にベストな業者が選べる」の記事をぜひご覧ください。

まとめ

この記事では、海外FXの約定力とは何か、なぜ重要なのかを解説した後、実際に海外FX業者の中で約定力が高いおすすめTOP5を紹介しました。

今回解説した通り、約定力が高いことは重要ですが、約定力の高さ以外にも業者選びで重要なポイントも多く存在します。自分に合う海外FX業者を選ぶためには、何を目的にするかをまず決めて、目的に合う業者を選ぶことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本人利用者No1のXM Trading(XMトレーディング)

おすすめ度 ★★★★★

日本でも認知度も人気度も一番高い海外FX業者です。XMは世界に70万人以上の顧客を持つグローバルな海外 FX業者です。従業員数も180名を超え、日本人スタッフも15名以上在籍しています。
日本語サポートも充実しており、チャットでサポート対応もしてくれます。そういった経緯から現在日本人利用者が最も多い業者で、初心者から上級者まで幅広い層から定評がある会社です。
どこに口座開設をしようかな?と悩んでいる人はまず手始めにXMをおすすめします。

PCでもスマホでも利用可能で、日本語対応もバッチリです。日本人利用者が一番多い事から情報も多く安心して利用できます。


口座開設はこちら

コメント

コメントを残す

*