海外FXコラム 海外FXのゼロカットとは?仕組みとメリット・デメリットを解説

海外FXのゼロカットとは?仕組みとメリット・デメリットを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゼロカットとは簡単に言えば、国内FXなどで発生する可能性がある追証を帳消しにしてくれるサービスのことです。国内FXを経験したことがある方であれば、追証がゼロになる夢のようなシステムが本当にあるのだろうかと耳を疑うかもしれません。

しかし実際に海外FX業者では、当たり前のサービスになっています。

口座がマイナスになっても、マイナス分の残高を全てゼロにリセットしてくれるので、取引でどれだけ大きな負債を抱えても絶対に入金した金額以上の損失が発生することはありません

マイナスの残高がゼロでカットされるというのが「ゼロカット」の名前の由来です。

このゼロカットの最大のメリットは以下の2点です。

つまり国内FXに比べてリスクが高く、デメリットも多いとされる海外FXでも、このゼロカットシステムを上手く活用することで、国内FXよりも安全にハイリスクな投資を実現することが出るのです。

しかしもちろんゼロカットシステムにもリスクやデメリットがあります。システムを理解せずに安易に取引を行えば、大きな損失を被るということもあり得ます。

そのためにも海外FXを利用する際には、このゼロカットシステムの特徴やルールをしっかりと把握しておく必要があります

そこで今回は

  • 海外FXのゼロカットシステムとは
  • ゼロカットシステムの2つのメリット
  • ゼロカットシステムのデメリット
  • 業者によって違うゼロカット実行のタイミング

などについて詳しく解説していきます。

この記事を読めば、あなたもゼロカットシステムの特徴を熟知し、より安全に海外FXを利用することができるようになります。

1.海外FXのゼロカットシステムとは

ゼロカットシステムの特徴について以下の5つのポイントからその特徴を解説していきます。

一つずつ確認していきましょう。

1-1.ゼロカットとは証拠金以上の損失が発生しないシステム

冒頭でお伝えした通り、ゼロカットとは発生した追証をゼロにするサービスです。

国内FXの取引で大きな損失を出し、あらかじめ入金していた証拠金に不足した際、その不足分を期限内に口座に入金しなくてはいけません。この不足金のことを「追証」と言います。海外FXのゼロカットシステムではこの追証を入金する必要がないということです。

つまりゼロカットのある海外FXの取引では証拠金以上の損失は絶対に発生しません。

追証が発生する可能性は国内FXでは大変大きなリスクであり、この追証が発生しないゼロカットは、利用者にとっては大変大きなメリットのあるシステムであると言えます。

1-2.ロスカットの欠点を補うゼロカット

国内FXで追証の発生を防ぐシステムとしてロスカットがあります。

ロスカットとは口座にある証拠金の残高がマイナスになる前に強制決済によって追証の発生を抑える仕組みです。

つまりこのロスカットが正常に機能していれば国内FXでも追証は発生することはありません。このロスカットは国内FXでも海外FXでも導入されているサービスです。

しかし、災害や大きな経済ニュースなどによって、相場が大きく動いた場合、想定されていた金額で決済が成立せず、大幅な損害が生じるケースがあります。これが追証が発生する理由です。

これに対してゼロカットはロスカットが間に合わず口座残高がマイナスになった後で発動するシステムです。ゼロカットシステムは、このような場面で口座残高のマイナスをゼロに戻し、あらかじめ入金していた証拠金以上の損失が出ないように調整します。

この意味でゼロカットとはロスカットのデメリットをカバーする仕組みであるということができます。

1-3.ゼロカットシステムの仕組み

ゼロカットシステムは口座の残高がマイナスになった後に発動します。すぐにマイナス分が帳消しになるわけではありません。残高のマイナスは以下の順序で帳消しになります。

つまり損失はまずはボーナスによって相殺され、さらに損失が残っている場合にゼロカットが発動します。

また、ゼロカットによって損失が帳消しとなるタイミングは業者によって若干異なるため、利用する業者のゼロカット適用のタイミングはあらかじめ確認しておくといいでしょう。業者によるゼロカット適用のタイミングについては4.業者によって異なるゼロカット実行のタイミングで詳しく紹介しています。

1-4.ゼロカットは国内FXにはない独自のシステム

セロカットは国内では禁止されているため国内FX業者では利用することができません。これは国内では金融庁の規制によって導入が禁止されているためです。

金融商品取引法の第三十九条には以下のように記述されています。

第三十九条 金融商品取引業者等は、次に掲げる行為をしてはならない。

二 有価証券売買取引等につき、自己又は第三者が当該有価証券等について生じた顧客の損失の全部若しくは一部を補塡し、又はこれらについて生じた顧客の利益に追加するため当該顧客又は第三者に財産上の利益を提供する旨を、当該顧客又はその指定した者に対し、申し込み、若しくは約束し、又は第三者に申し込ませ、若しくは約束させる行為

三 有価証券売買取引等につき、当該有価証券等について生じた顧客の損失の全部若しくは一部を補塡し、又はこれらについて生じた顧客の利益に追加するため、当該顧客又は第三者に対し、財産上の利益を提供し、又は第三者に提供させる行為

引用:e-Gov法令検索 金融商品取引法

このように金融商品取引法では、利用者の損失補填は厳しく禁止されています。そして口座のマイナスをカットするゼロカットは、利用者への損失補填にあたるとされることから、国内FX業者は採用することができません。

海外FX業者は海外に事務所を持ち、金融庁に登録する国内業者には当たらないため、金融庁の規制にとらわれることなくゼロカットを提供することができるというわけです。

1-5.海外FX業者がゼロカットを採用する理由

利用者の負債をゼロにするゼロカットは、言い換えれば業者が利用者の損失を補填するシステムと言えます。そして海外FX業者は、損失を肩代わりしてまでゼロカットを提供するのは、それ以上のメリットがあるからです。

メリットとして以下の点を挙げることができます。

海外FX業者がゼロカットを採用する3つの理由
・ユーザーに安心感を与えることで多くの口座開設者を獲得できる
・トレードを促すことで手数料収入を獲得できる
・未払いの追証に対する訴訟費用などの発生を防ぐことができる

1-5-1.ユーザーに安心感を与えることで多くの口座開設者を獲得できる

追証が発生しないことは、実際にトレードを行うユーザーに大きな安心感を与えます。リスクが限定されることで口座開設者が増えれば結果的には海外FX業者の増収に繋がるという仕組みです。

ゼロカットはこの点で、利用者にも業者にもメリットが大きいシステムであると言えます。

1-5-2.トレードを促すことで手数料収入を獲得できる

損失が限定されることでトレードが促進されれば、必然的に業者に入る手数料収入も増加します。

1-5-3.未払いの追証に対する訴訟費用などの発生を防ぐことができる

海外FX業者は世界中のトレーダーが利用しています。このため、もし未払いの追証が発生してしまったら、様々な国で訴訟を起こさなければいけない状況におち入ります。

国によって違う法制度に対応し、場合によっては長期間におよぶ裁判を維持する手間は業者にとって大変な負担になります。もちろん訴訟を維持しても追証が支払われるかどうかはわかりません。

ゼロカットはこういった手間の発生をあらかじめ未然に防ぐ意味でも、たいへん有効なシステムであると言えます。

2.ゼロカットシステムの2つのメリット

追証の心配がないゼロカットシステムには、取引において特に2つの大きなメリットがあります。

一つずつ見ていきましょう。

2-1.投資リスクを限定できる

ゼロカットが採用咲いている海外FX業者の取引では、証拠金以上の損失が発生することはありません。そしてこの損失が限定できるという事実が取引における大きな安心感を生みます

このメリットは追加補償金制度を採用する国内FXと比べると明らかです。例えば2015年のスイスフランショックでは1229件の追証発生が確認されており、その総額はなんと¥3,388,000,000に登ります。

スイスフランの相場変動に係るロスカット等未収金発生状況(速報値

顧客区分 発生件数(件) 発生金額(百万円)
個人 1,137 1,948
法人 92 1,440
合計 1,229 3,388

参考:ロスカット等未収金発生状況 一般社団法人金融先物取引業協会

国内FXはレバレッジ25倍に限定されているにも関わらず、相場が大きく動くときにはこれだけの追証が発生しているのです。

天災や大規模な経済事件など、大きな相場変動は突然やって来るため誰にも予測はできません。そのような状況での取引においてゼロカットの恩恵は計り知れないものであるということができます。

2-2.ハイレバレッジの取引を実現する

ゼロカットは海外FX業者が提供するハイレバレッジな取引でもっともメリットがあります

海外FXでは最大で1000〜5000倍という国内FXでは考えられないハイレバレッジな取引を行うことができますが、もし国内FXのように追証が発生する可能性がある場合、そのようなハイレバレッジな取引には大変なリスクが伴います。

しかしゼロカットによってそのリスクを限定することができれば、安心してハイレバレッジな取引にもチャレンジすることができます。

この意味でゼロカットはハイレバレッジな取引を安全に行う上で欠かせないシステムであると言えます。

3.ゼロカットシステムの利用におけるデメリット

ゼロカット自体には大きなデメリットはありませんユーザーにとってゼロカットシステムは海外FXのリスクを大きく減少させることができる大変良いシステムであると言えます。

ゼロカットシステムを踏まえたFX取引や、ゼロカットシステムを提供する海外FX業者たいしては以下の5つのデメリットを上げることができます。

ゼロカットシステムの利用における5つのデメリット
・ハイレバレッジで大きな損失を出す可能性
・ゼロカットのある業者ではスプレッド幅が広くなる傾向にある
・ゼロカットを適用しない海外FX業者もある
・ゼロカットの負担が原因で業者が破綻することもある

一つずつ解説します。

3-1.ハイレバレッジで大きな損失を出す可能性

お伝えした通り、ゼロカット+ハイレバレッジな取引は海外FXの最大のメリットであるということもできる大きな特徴です。

しかしゼロカットによってリスクが限定されるといっても、リスク自体がゼロになるわけではありません。

リスクが限定されることが反対に投資における安心感を増大させ結果として大きな損失を被ることは珍しくありません。

ハイリスクな取引が投資の成功に直結するわけではないという点を自覚し、安全な取引を心がけることをお勧めします。

3-2.ゼロカットのある業者ではスプレッド幅が広くなる傾向にある

ゼロカットを採用することによる間接的なデメリットとして海外FX業者のスプレッド幅が広い点が挙げられます。

スプレッドとはFX取引を行う際の売値と買値の差額のことを言います。FX取引では売り買いを繰り返しながら利益をあげるため、この差額が小さければ小さいほど利益は大きくなります

ゼロカットを採用している海外FX業者は、ゼロカットによる損失を補填する必要もあり、スプレッドの手数料で利益を上げるため、国内FX業者と比較して総じてスプレッド幅を広くしています。

このため同じトレードをした場合の利益は、海外FXより国内FXの方が利益が大きくなります。

3-3.ゼロカットを適用しない海外FX業者もある

海外FX業者の中にはゼロカットシステムがあると宣伝しておきながら、実際に追証が発生した際にゼロカットシステムを適用しなかった業者も、過去にあります。

2015年のスイスフランショックが起こった際、FXDDという海外FX業者は、あまりにも大きな金額の追証が発生し負担ができなくなってしまったため、ゼロカットを公言していたにも関わらず追証を請求しました。

このような対応を取る業者はごく稀ですが、海外FX業者を選ぶ際は安全で信頼性の高い業者を選ぶ必要があります。

3-4.ゼロカットの負担が原因で業者が破綻することもある

お伝えした通りゼロカットシステムは、利用者の損失をFX業者が補填する仕組みです。この補填の金額があまりにも大きくなってしまった場合、FX業者が補填に耐えられずに破綻してしまうという可能性もゼロではありません。

やはり2015年のスイスフランショックの際には、当時有名な海外FX業者の一つであるアルパリUK損失に耐えられず破綻し大きな事件となりました。

実際に業者が破綻してしまうと取引は全て強制決済となり口座凍結の危険性も生じることになります。

もちろん業者の倒産も予測できない事態ではありますが、できる限り安全で資産保全制度が充実した海外FX業者を選ぶことをお勧めします。

4.業者によって異なるゼロカット実行のタイミング

実際に口座に損失が発生した際、ゼロカットが実行されるタイミングは業者によって異なります

主な海外FX業者のゼロカット実行のタイミングは以下のようになっています。

主な海外FX業者 ゼロカット実行のタイミング
XM 次回入金時
HotForex 次回入金時
LAND-FX(ランドFX) サポートセンターにゼロカット申請をする必要がある
GEMFOREX 損失発生後60分以内に実行
FxPro(FXプロ) 損失発生後24時間以内に自動的に実行
AXIORY(アキシオリー) 損失発生後24時間以内に自動的に実行

例えばMXの場合は、口座がマイナスになった直後ではなく、次回入金のタイミングでゼロカットが実行されます。ゼロカット実行のタイミングを、次回入金時としている海外FX業者は多く、継続してトレードを行う意思のある人にのみゼロカットを実行するという業者の意図を読み取ることができます。

それに対してAXIORYやGEMFOREXは、損失発生後、無条件でゼロカットが実行されることが明示されています。とくにGEMFOREXは、損失発生後60分以内と、対応が大変早く、利用者への配慮が徹底されていることがわかります。

また中にはLAND-FX(ランドFX)のようにサポートセンターに申請する必要があるという業者もあります。

ゼロカットが実行されるタイミングは大きく相場が動く状況にあることが多いため、取引でも焦りがちになります。利用する業者のゼロカットのタイミングをあらかじめ知っておけば、いざという時も冷静に対応することができます。

ただしこの実行のタイミングがいつであるかということは、以下の理由から取引においてはそれほど重要なことではありません

・口座がマイナスの状態をそのままにしても追証は発生しない

・ゼロカット実行後に取引を再開するためには新たな証拠金を入金する必要がある

業者選びではゼロカットシステムが用意されているかどうかを確認する必要はありますが、ゼロカット発動のタイミングの違いによって業者を選定する必要はありません

5.【結論】海外FXのゼロカットで心配ない

これまでゼロカットシステムの特徴について詳しく解説し、ゼロカットシステムは海外FX取引でのリスク限定する上でたいへん有効なシステムであるであることを確認してきました。

またゼロカットシステムを前提にしたFX取引におけるデメリットについても確認しました。

しかしこれらのデメリットは全て、ゼロカットシステム自体のデメリットではなく、ゼロカットを踏まえたトレードにおけるリスクやデメリットであり、ゼロカットシステム自体に大きなリスクやデメリットは存在しないということについても解説してきました。

追証の発生を抑制することができるゼロカットはFX取引におけるリスクを低減しより安全な取引を実現するシステムであるということです。そしてこの追証が発生しないというポイントにおいて、ゼロカットのある海外FXは国内FXよりも安全な取引ができるということです。

【結論】海外FXのゼロカットで心配するない3つの要素
・ゼロカットはFX取引におけるリスクを低減しより安全な取引を実現する
・ゼロカットシステム自体に大きなリスクやデメリットは存在しない
・ゼロカットのある海外FXは国内FXよりも安全な取引ができる

まとめ

いかがだったでしょうか。

海外FX業者の提供するゼロカットは国内FXなどで発生する可能性がある追証を帳消しにしてくれるサービスのことです。口座がマイナスになっても、マイナス分の残高を全てゼロにリセットしてくれるので、取引でどれだけ大きな負債を抱えても絶対に入金した金額以上の損失が発生することはありません

ゼロカットシステムの以下の5つの特徴についても詳しく解説しました。

ゼロカットとは証拠金以上の損失が発生しないシステム
ロスカットの欠点を補うゼロカット
ゼロカットシステムの仕組み
ゼロカット国内FXにはない独自のシステム
海外FX業者がゼロカットを採用する理由

またゼロカットのメリット・デメリットについても詳しく確認しました。

ゼロカットには

投資リスクを限定できる

ハイレバレッジの取引を実現する

という二つの大きなメリットがある一方で、ゼロカットシステム自体には大きなリスクやデメリットは存在せず、利用者にとってたいへん有意義なシステムであると言えます。

以下の3つの点からも、ゼロカットは安心して利用できるものであるということができます。

ゼロカットはFX取引におけるリスクを低減しより安全な取引を実現する
ゼロカットシステム自体に大きなリスクやデメリットは存在しない
ゼロカットのある海外FXは国内FXよりも安全な取引ができる

ゼロカットを利用できる信頼度の高い海外FX業者を探している方は、以下のページもぜひ確認してみてください。

「おすすめ海外FX業者の比較ランキングTOP10!目的別にベストな業者が選べる」

この記事が、あなたの安全な海外FX取引の一助になることを願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本人利用者No1のXM Trading(XMトレーディング)

おすすめ度 ★★★★★

日本でも認知度も人気度も一番高い海外FX業者です。XMは世界に70万人以上の顧客を持つグローバルな海外 FX業者です。従業員数も180名を超え、日本人スタッフも15名以上在籍しています。
日本語サポートも充実しており、チャットでサポート対応もしてくれます。そういった経緯から現在日本人利用者が最も多い業者で、初心者から上級者まで幅広い層から定評がある会社です。
どこに口座開設をしようかな?と悩んでいる人はまず手始めにXMをおすすめします。

PCでもスマホでも利用可能で、日本語対応もバッチリです。日本人利用者が一番多い事から情報も多く安心して利用できます。


口座開設はこちら

コメント

コメントを残す

*